鶴の子の賞味期限や日持ちはどれくらい?余ったら冷凍保存もできる?

鶴の子の賞味期限や日持ちはどれくらい?余ったら冷凍保存もできる?

福岡県博多の名物のお菓子である鶴の子は創業明治三十八年(1905年)の老舗、石村萬盛堂の代表的な和菓子で、昔からずっと変わらなず多くの人に人気です。

ふわふわのマシュマロに、きみあんが入っていてとても優しい味で、見た目も可愛いく食べるのが勿体無いくらい!

そんな鶴の子、お土産でもらったり、買って帰りたいと思ったら気になるのが賞味期限ですよね。

今回は、鶴の子の賞味期限がどのくらいなのか、賞味期限が切れても食べることができるのかなど詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

鶴の子の賞味期限はどれくらい?

 

鶴の子の賞味期限はどのくらいなのでしょうか?

鶴の子の賞味期限は、購入日から14日となっています。

意外と長くて安心ですね。

物によっては、短くなっているものもあるそうなので、買った時にどのくらいの賞味期限になっているのか確かめておくと良いでしょう。

開封した後は、なるべく早めに食べる方が良いでしょう。

保存剤とかも入っていないので、時間がたつにつれて美味しさも半減してしまう可能性もあるので気をつけてくださいね。

賞味期限

  • 未開封: 購入日から14日間。
  • 開封済み: できるだけ早めに食べ切る。1週間から2週間ないを目安に。

賞味期限切れの鶴の子はいつまで食べられる?

 

賞味期限切れの鶴の子はいつまで食べても大丈夫なのでしょうか?

賞味期限が記載されているので、多少すぎたとしても食べることは可能です。

余裕を持って日付が設定されているので、すぐに傷むことはありません。

ただし、時間がたつにつれて味や風味は落ちていくことも考えられるので、なるべく早めに美味しいうちに食べ切るのが良いでしょう。

賞味期限が切れたものを食べるときは、必ず、食べる前にしっかりと傷んでいないかチェックしてから食べるようにしてくださいね。

ちょっとでも変だなぁって感じた時は、食べるのをやめて処分するようにしましょう。

鶴の子って腐るとどうなるの?

鶴の子が腐るとどうなるのでしょうか?

  • 変な味がする。
  • 変な臭いがする。
  • 変色している。
  • カビが生えている。
  • 乾燥してカピカピになっている。
  • 固くなっている。

というようになっていたら食べるのをやめて処分しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。