生おからはおからパウダーで代用できる?カロリーや糖質の違いも!

生おからはおからパウダーで代用できる?カロリーや糖質の違いも!

料理で生おからを使いたいけど、家にないし買いに行くこともできない、ということありますよね。

お家でお豆腐を作ったり、もしくはお豆腐を作っているお店に行かないとなかなか生おからって手に入りづらいですよね。

今回は、生おからがない時に代用できるものにはどんなものがあるのか、カロリーや糖質の違いなど詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

生おからがないとき代用に使えるものは?

 

生おからがない時に、どんなもので代用することができるのでしょうか?

おからパウダーと乾燥おから、どちらも代わりに使うことができますよ。

おからパウダーは、生のおからを乾燥させて、パウダー状にしたもので、乾燥おからは、生のおからを乾燥させたものなのです。

どちらも同じものですよ。生のおからのキメに近いのは、乾燥おからです。

おからパウダー

 

お家におからパウダーがあれば、生おからの代わりとして使うことができますよ。

おからパウダーにお水を入れて作れば、生おからのようになります。

おから1g :  お水3.5gの割合になるように入れてくださいね。

お水の量は目安として、加減しながら入れてみてくださいね。

生のおから50g 使っていたとしたら、おからパウダーの場合は、10gになりますよ。

量も気をつけてみてくださいね。

乾燥おから

created by Rinker
神戸食品産業
¥2,220 (2022/05/24 15:32:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

こちらも生のおからの代わりとして使うことができます。

生のおからを乾燥させて作ったものに過ぎないので、お水を加えてれば、生おからのようになりますよ。

おからパウダーと同じように使ってみてくださいね。

おからパウダーを生おからにすることはできるの?

 

おからパウダーを生のおからにすることは、もちろんできますよ。

おからパウダーは、生おからを乾燥させて、パウダー状にしてあるのでどちらも同じものなのです。

お水を入れるだけで生おからにすることができますよ。

メーカーによっても多少変わってきますが、目安としては、おからパウダー1gに対し、お水は3.5gです。

100gで計算してみると、おから22gに対し、お水78gになります。

中に入れる具材や、使う量によってお水を加減してみてください。

お水を入れ過ぎてしまうとベチャベチャになってしまうので注意してくださいね。

少しずつ加えるようにすると良いでしょう。

生おからとおからパウダーのカロリーや糖質の違いは?

生おからはおからパウダーで代用できる?カロリーや糖質の違いも!

生おからとおからパウダーのカロリーや糖質の違いはこちら。

100g中 生おから おからパウダー
カロリー 111kcal 421kcal
糖質 2.3g 8.7g

となっています。

生おからより、おからパウダーの方が、カロリーも糖質も高くなっています。

生おからとおからパウダーの栄養素や水分量の違いは?

 

生おからとおからパウダーの栄養素の違いは、

100g 生おから おからパウダー
タンパク質 6.1g 23.1g
脂質 3.6g 13.6g
炭水化物 13.8g 52.3g
食物繊維 10g 44g

となっています。

おからパウダーの方が生のおからよりも栄養素も高くなっているのがわかります。

ぎゅっと凝縮して入っているのですね。

カロリー的には生おからよりおからパウダーの方が高くなりますが、実際には、おからパウダーの方は乾燥させてあるだけなので、使う時は少量です。

どちらも、カロリーも栄養素もほぼ同じということになりますよ。

水分量は、おからパウダーには含まれていません。

生おからは、絞ったそのままなので水分量が含まれています。

おからは、ヘルシーな上に、とても健康的です。

おからパウダーを使う時は量を気をつけましょう。

うっかり使いすぎるとカロリーオーバーになることもあるので注意してくださいね。

生おからはおからパウダーで代用できる?カロリーや糖質の違いも!のまとめ

生おからはおからパウダーで代用できるのか、カロリーや糖質に違いがあるのかなど詳しくご紹介いたしました。

生おからを乾燥させたものが、乾燥おから、乾燥おからをさらにパウダー状にしたものが、おからパウダーです。

生おからを原料として作られています。

生おからがない時は、おからパウダーに水を加えるだけで、代わりとして使うことができますよ。

生おからよりも、おからパウダーの方が栄養素も凝縮されているのでたくさん含まれています。

カロリーも糖質も高く見えますが、実際おからパウダーを使うときは少量で良いので、生のおからと変わらなくなりますよ。

おからパウダーを使う時は、使い過ぎには注意しましょう。

1日に食べていい量の目安としては、生おからは50g、おからパウダーなら10gとなっています。

体に良いとはいえ、食べ過ぎは禁物ですよ。

体によく、ヘルシーな生おから、ぜひ食卓に取り入れてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。