キウイは何歳から食べられる?離乳食で使うときは種を取る取らない?

キウイは何歳から食べられる?離乳食で使うときは種を取る取らない?

ビタミンCや食物繊維が豊富なキウイは甘酸っぱくて美味しいですよね。

この美味しい果物を子供にも食べさせてあげたいと思いませんか?

でも、いつからあげて良いのか悩むところです。

キウイでアレルギーが出たなんて話も聞くし。

あげる時に種を取らないといけないのかどうかも気になりますよね。

今回は、キウイは何歳から食べることができるのか、子供にあげる時の注意点や種を取る必要があるのかなど詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

キウイは何歳から食べられる?

 

キウイは何歳から食べても良いのでしょうか?

一般的に言われているのは、離乳食の後期からとなっています。

生のままではなく、必ず加熱してからあげるようにしてくださいね。

種の部分はそのままでも大丈夫です。

気になる時は、省くと良いでしょう。

キウイは甘酸っぱいので、いやと言われることもありますよ。

グリーンキウイよりゴールドキウイの方が、酸っぱさが少なくて栄養も高いのでオススメです。

created by Rinker
ノーブランド品
¥2,160 (2022/10/01 03:44:35時点 Amazon調べ-詳細)

キウイを初めて子どもに食べさせる時の注意点は?

キウイを初めて子供にあげる時は、次のことに注意してくださいね。

  • 少量からあげる。
  • 平日の午前中にあげるようにする。
  • 加熱してからあげる。
  • 食べやすい大きさに刻んでからあげる。
  • 心配ならタネの部分を省いてあげる。
  • あげるときは必ずそばから離れない。

子供、特に離乳食をしている時期は、まだ胃腸もしっかり出来上がっていないので、ビタミンや食物繊維が負担が大きいのです。

だから、あげる時は必ず少しの量からにしてくださいね。

子供の様子をみながらあげるようにしましょう。

何かあった時にすぐに病院に行けるように、平日の午前中がオススメですよ。

生のままあげるより、加熱してからあげるようにしてくださいね。

キウイのジャムみたいな感じにすると良いでしょう。

もしいつもと違うとか、変だなぁって感じた時は、すぐに食べさせるのをやめてくださいね。

こんなコメントもありました。

キウイを離乳食で使うとき種は取る?取らない?

キウイは何歳から食べられる?離乳食で使うときは種を取る取らない?

キウイを離乳食で揚げる時、気になるのは種ですよね。

キウイにはたくさん種が入っています。

大人ならプチプチした食感だけで済むのですが、子供の場合はどうなのでしょうか?

種は取らないであげても良いとされています。

でも、消化には悪いのでそのまま出てくるということもありますよ。

あまり神経質に考えなくても大丈夫ですが、もし心配なら、種がついていない部分のみあげるようにしてくださいね。

キウイの栄養成分やアレルギーの心配は?

キウイは何歳から食べられる?離乳食で使うときは種を取る取らない?

キウイの栄養成分

キウイの栄養成分はこちら。

  • ビタミンC
  • 食物繊維
  • カリウム
  • ビタミンE
  • 葉酸
  • ビタミンB6
  • ビタミンK
  • マグネシウム

が入っているのです。

サンゴールドキウイ1個で1日に必要なビタミンCが取れ、グリーンキウイ1個で食物繊維が補えると言われているほどです。

サンゴールドキウイを食べると、ビタミンCとビタミンEが同時に取れるとも言われているのです。

栄養がたくさん入っているので、毎日1個とると良いでしょう。

ただし、子供には、1個は多いので、量を加減してくださいね。

サンゴールドキウイの方が、グリーンキウイよりも酸味が少なく栄養素が高いです。

キウイはアレルギーの心配がある?

キウイを食べるとアレルギーの心配はあるのでしょうか?

残念ながら可能性はあるのです。

キウイに含まれているアレルギーの原因となるアクチニジンという物質、タンパク質の中になんと50%含まれているのですって。

この物質は、60度以上の熱にとっても弱いので、火を通してからあげれば、アレルギーを防ぐことも可能になるのだとか。

初めてあげる時や、アレルギーの心配があるときは、必ず加熱してから揚げるようにしてくださいね。

アレルギーを起こすと次のようなことが起こることもありますよ。

  • じんましん
  • 目や鼻が痒くなる。
  • 吐き気。
  • 下痢。
  • 赤ちゃんが不機嫌になる。子供なら痛い、苦い、まずいということも。

ひどい時は、アナフィラキシーショックを起こすこともあるので気を付けてくださいね。

キウイは何歳から食べられる?離乳食で使うときは種を取る取らない?のまとめ

キウイは何歳から食べさせることができるのか、離乳食に使うときは、種を取る必要があるのかなど詳しくご紹介いたしました。

キウイは、一般的には、離乳食の後期から可能とされています。

最初は、アレルギーの心配もあるので加熱してからあげるようにしてくださいね。

種は取る必要はないですが、心配な時は、種がない部分をあげるようにしましょう。

初めてあげる時は、必ずそばでしっかりみていてくださいね。

栄養たっぷりのキウイ、容量とあげ方を守ってぜひ活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。